• 中国向け越境ECセミナー

    ~日本の匠の品を中国で販売する~

    4月11日(火)15:00より、

    セミナー開催決定!!!

    主催 株式会社UnitedlyEC

    後援 株式会社eグローバル

  • 開催要項

    開催要項

    日時

    2017年4月11日(火) 15:00-18:00

    場所

    ビジョンセンター東京 301 

    〒104-0028 東京都中央区八重洲2-3-14 ケイアイ興産東京ビル 3F)

    アクセス https://www.visioncenter.jp/tokyo/access/

    JR東京駅 八重洲南口 徒歩2分(地下街4番出口 徒歩1分)

    東京メトロ銀座線京橋駅 7番出口徒歩4分

    対象者

    中国向けの越境ECへの取り組みを検討されているメーカーや小売業者、通販事業者の皆様

    内容

    15:30-16:30

    「高成長記録を年々更新!アパレルブランド総経理の中国EC戦略(仮)」

    岩野 聡氏

     

    16:40-17:10

    「中国向け越境ECフルフィルメントと匠品/The Takumi Storeのご紹介」

    二村 毅 株式会社UnitedlyEC/株式会社eグローバル 代表取締役

     

    17:20-18:00

    個別相談会

    主催

    株式会社UnitedlyEC

    後援

    株式会社eグローバル(株式会社UnitedlyECパートナー)

    お申込み方法

    下記のリンクから、お申込みください。(別のタブが開きます。)

  • まさに日本の匠の商品が求められています

    いわゆる「爆買い」の時代は遠ざかりつつありますが、

    Made in Japanの商品に対するニーズはますます高まりつつあります

    成長を続ける日本からのインターネットと通じた中国国内の消費

    中国ECにおける主要プレイヤーであるアリババグループをはじめ、多くの中国のECモールの事業者は、中国国内向けの越境ECを主力成長ドライバーとしており、積極的な投資が行われています。その中でも、日本からの購買はアメリカ、韓国と並んで上位3カ国に入る勢いです。

     

    2015年度の越境ECの日本からの購買額は7,956億円で、2019年には2.3兆円に達する見込み(経済産業省調べ)ですが、縮んでいく日本国内消費とは対照的な成長マーケットとして認識されているのは言うまでもありません。

     

    昨今、円安が一段落し、インバウンド消費が落ち着いたと言われていますが、中国人をはじめ海外からの観光客は、いわゆる「爆買い」目的から、日本各地を旅して、日本の伝統や最先端のトレンドを体験する流れに変わってきています。(「モノ」から「コト」へ)その中で、まだまだ知らない日本の匠の商品を知り、体験する機会が増加しています。

     

    また中国の消費者の消費スタイルもまた、「日本製のこの商品だから買う」「みなが買っているから買う」といった単純な購買行動ではなく、その商品やブランドの背景にある技やストーリーを知り、納得して購入する流れが生まれつつあります。

     

    日本国内で、自社商品をマーケティングして市場を創造してきたように、類まれなる匠の技や技術に裏打ちされた貴社の商品を、成長市場である中国国内に投入し、育てていく時期に来ているのではないでしょうか。

  • シェアNo.1とNo.2のECモールに出品

    匠品 -The Takumi Store-なら、圧倒的なトラフィックを獲得できるポテンシャル

    越境ECはトラフィックが生命線

    EC市場の84%を締める場所に3つのショップを開設

     

    2015年の中国におけるインターネット通販(EC)の売上規模は25,680億元(約43兆6500億円)となり、2012年に対して212%と驚異的なスピードで伸びている成長市場です。

     

    中国EC市場は、日本と大きく異なり、アリババグループの運営する天猫(Tmall)が63%、京東商城(JD,com)が21%(2015年現在)で80%を占めています。

     

    匠品 -The Takumi Store-は、同じアリババグループが運営する「淘宝网(Taobao)」と、京東商城(JD,com)が運営する「京東全球購(JD worldwide)」および微信(wechat store)に3つのショップをもっています。

     

    加えて、将来的には、40億人もの人口を擁するアジア諸国へ同様の展開をしていくことを計画しています。

  • 成果報酬型の手数料体系で固定費なし

    匠品 -The Takumi Store-なら、完全成功報酬型のプランも可能!

    固定費の有無が成否を分ける

    月額固定費一切なし。初期費用も極力抑えました

     

    一般的に、中国のプラットフォームへ出品するには、多額の初期投資や年間固定費、さらにコミッションが必要です。

    さらには、代理店に対して、ページの製作費や、代理店手数料が必要で、それなりの体力がないとハードルが高めです。

     

    匠品 -The Takumi Store-は、巨大ECモールにショップをもち、売るチカラのあるチームで運営。めんどうな業務は一切代行した上で、初期費用0円(※ご選択のプランによります。)、月額の固定費用も0円、売れたら手数料をいただく成功報酬型の手数料体系で簡便な中国向けECサービスを提供しています。

  • 商品を国内指定倉庫へ届けるだけ

    匠品 -The Takumi Store-なら、ほとんどの業務を代行します

    「中国語でクレームが来ないか不安」という一言がサービス設計の原点です

     

    中国ECに出品するとなると、商品情報の中国語化、ページデザイン等は自分たちかまたは代理店にやってもらう必要があります。また、日々の受注にも対応しなければならないし、返品やその他カスタマーサービスも行わなければならないので、手間がかかります。

     

    匠品 -The Takumi Store-では、出品者の方にやっていただくのはたった2つです。(1)商品やブランド情報(日本語でOK)と写真を提供すること、(2)日々の受注があったら、指定する日本国内の倉庫に発送することです。それ以外は、すべて匠品 -The Takumi Store-およびそのパートナーが実施するため、出品するときも、出品してからも、ほとんど手間がかかりません。

     

    もちろん、出品者の方へ、中国語で直接電話がかかってくることはありません。

  • 前金制を採用しローリスクのビジネスモデル

    匠品 -The Takumi Store-なら、リスクを抑えて出品できます

    Q.商品代金の回収リスクはないのですか?

    デビットカードやクレジットカードでの前払制を採用しています

    匠品 -The Takumi Store-は、Alipayやwechat Payといったデビットカードに似た支払方法またはクレジットカード決済で入金が確認できたら、商品を発送する前払い方式を採用しています。

    中国国内の消費者から入金された代金は、ECプラットフォームを通じて当社に送金され、出品者様に返金いたします。

    Q.クーリングオフ制度はありますか?

    越境ECの場合、クーリングオフによる返品はありません

    匠品 -The Takumi Store-は、現状、クーリングオフを受け付けておりません。もともとの商品の破損や誤出荷、あるいは紛失といった原因ではない限り、返品リスクはありません。(ただし、商品が通関前に日本にある場合は、キャンセルされる場合があります。)

    Q.権利が盗まれたりしませんか?

    しっかりとした書類審査を経た商品が出品されています

    匠品 -The Takumi Store-が出店するプラットフォームは、商標登録証等、出品者様がその出品された商品を販売することができる正統な権限を有しているか、を厳しくチェックします。逆に、それくらい厳しい審査を課して、消費者からの信用を担保することに力を入れている安心なプラットフォームです。

  • 中国ECで数十億円の販売実績のあるメンバー

    匠品 -The Takumi Store-なら、

    中国ECで圧倒的な成功と実績を出したチームが貴社の商品展開をサポート

    売るチカラのあるメンバー!

    中国ECで年平均60%以上の成長させた実績のあるメンバーが参画

    たとえ、シェアの大きなプラットフォームに出店していても、それを活かして売ることができる必要が当然にあります。

     

    匠品 -The Takumi Store-の運営チームには、中国国内のECで数年で年成長60%以上の実績を叩き出し、数十億円のビジネスにしたメンバーが参画して、商品の品ぞろえからプロモーションまで、売るための施策を日夜実施しています。

    売るチカラのあるパートナーシップ!

    日本製品を中国ECで販売することに精通したチームが運営

    中国ECで出店するには、日本と異なり、一般的に代理店を通さなければなりません。しかし、その代理店の選定が難しいハードルです。小さければ、影響力がないし、大きすぎても、コントロールが利きません。さらに、プラットフォームが企画するイベント情報やルールの変更等にいち早く情報をとれるポジションがあるか、で大きく実績に影響があります。

     

    匠品 -The Takumi Store-は、日本商品の取り扱い実績が豊富で、天猫(Tmall)等の中国ECで数十億円の販売実績を作り上げ、表彰もされている適正な規模の代理店と資本を含めたパートナーシップを形成しています。

  • ショップのコンセプト「日本旅行」

    匠品 -The Takumi Store-は、現地の日本人が本当に買っている、ご当地の人気商品を

    日本に旅行する気分を味わいながら手に入れることができるショップを目指しています。

    中国からの観光客が増加し、日本に対する理解も深まっているなかで、

    ただ人気商品を「買う」のでなく日本を「体験」し、

    現地の人々が本当に勧める良い物品を納得して購入いただけるようなショップをめざします。

    さらには、世界中の人々が、このショップを通じて日本旅行を体験し、

    本当によい物品を知り、来日の際に実際に訪れる潮流の創出を目指します。

    匠品-The Takumi Store-紹介動画

  • ショップのご紹介

    匠品の実際のページをご覧ください

    中国のECは、スマートフォンでの購買行動が中心であるため、

    スマートフォンページを表示しています。

    京東全球購(JD worldwide)ショップ

    淘宝网(Taobao)ショップ

    微信(wechat shop)ショップ

  • 商品ラインナップ

    日本人だから知っている日本の本当によい物品をセレクトして厳選出品します。

    日本に旅行し体験した方は、その旅行の再現を、日本に旅行したことがない方は、

    将来実際に足を運ぶためのイメージを、それぞれしていただきながら、

    匠の織りなす技の数々を堪能いただける商品ぞろえを目指しています。

  • 運営会社

    「日本全国の匠の品を、全世界に届けていきたい」という信念で活動しています

    社名:株式会社UnitedlyEC

    設立:2016年2月12日

    本社所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4F

    電話:03-4455-9064 (代表)

    拠点:東京アソートセンター(江戸川区)

    役員:代表取締役社長 二村 毅

    事業内容:越境ECサービス「匠品(The Takumi Store)の運営

    株主:株式会社Unitedly